住宅ローンと信用金庫カードローン

信用金庫のカードローンは、住宅ローンを利用している人に限った金利の低いものがある

住宅ローン

信用金庫のカードローンは、どのように別の金融機関のものと違っているのでしょうか?信用金庫のカードローンは、住宅ローンを利用している人に限った金利の低いものがあります。信用金庫は、地域の住民や会社の資金融資のために金融事業を行っていますが、事業を拡げるためにローン事業に対して注力するようなところも最近では多くあります。今まで注力してきた住宅ローン以外に、積極的にカードローンやマイカーローン、フリーローンなどの商品を揃えて、地域のユーザーにサービスしています。このような商品の中には、特徴のある住宅ローンを利用している人に限った、金利の低いローンなどの商品もあります。

 

信用金庫は金融事業を地域に密着して運営していますが、貸金事業のカードローンなどにも現在注力しています。信用金庫は、個人の貸金の要望に対して、オートローンや住宅ローンなどで今まで対応してきましたが、大きなシェアを消費者金融などが持っているカードローンについても取り組みを本格的に行うようになってきています。

 

具体的な商品としては、消費者金融の大手や銀行系のものと同じような金利の低い高い利便性のものを準備しています。例えば、関西の信用金庫の場合には、5.8%〜14.6%の年率の金利で、融資限度額が500万円までのタイプを準備しています。低い上限金利で、利用が少額の場合でも借入れが気軽にできるようになっています。

 

また、住宅ローンを利用している人に限って、カードローンの200万円〜500万円の利用限度額のものについて、0.3%貸出金利を優遇するようにしています。そのため、通常より金利は0.3%低い5.20%〜8.20%になります。

 

これ以外のサービスにおいても、借入が利用限度額の範囲内で何度でも繰り返しできたり、簡単にFAXやインターネットで申し込みできたり、随時のATM・窓口での返済にプラスして自動的に口座から引き落としができたりするなどがあり、金融業者の大手と比較しても遜色ないものになっています。また、審査の際の在籍確認の場合でも、電話が信用金庫からかかってくるのであれば、不審に会社の人に思われるようなこともあまりないため、心配しなくてもいいでしょう。

信用金庫のイメージ

信用金庫と言えば、地域に密着した事業を行っているというような金融機関の印象があります。しかしながら、このような信用金庫の印象を変えるような感覚の新しいものを持っている理事長が、信用金庫を変えようとしている場合が最近では多くなってきました。

住宅ローン

例えば、カードローンの扱いが一例としてあります。もともと信用金庫は地域に密着した事業を行っており、地元の人がほとんどのユーザーであるため、申し込みを不特定多数の人が行うことが考えられるカードローンを扱うのは冒険になります。しかしながら、ある程度金利を高くすることができるので、収益源の新しいものとしては重要であることも真実です。

 

そのため、カードローンの扱いをスタートした信用金庫が多くなっていますが、申込する人に対して行う審査が問題になっています。金融業者の大手のように経営が悪くなったような信販会社をグループ化し、その信販会社が持っているノウハウを活用することができればいいですが、そうでなければ貸し倒れの危険が増える恐れがあります。

 

そのため、審査がどうしても厳しくなりますが、あまり審査を厳しくすれば良くない噂が広まって、新しいユーザーが利用しないという問題があります。最終的に、貸し倒れの危険は多少覚悟して、審査をするようになります。

 

別の金融機関のように申込がネット上で可能であるというような信用金庫はまだ多くなく、申込の主体は店頭になります。また、即日にカードの発行ができない場合があり、申込を店頭で行ってもすぐに利用できないため注意が必要です。


 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ